鳥の学校

第 11 回テーマ別講習会: 高病原性鳥インフルエンザと野鳥~最近の情勢と野鳥調査者のための基礎知識

日程:2019 年 9 月 13 日(金)10:00~15:00(時間は多少変わる可能性があります)

内容:高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)は日本では 2004 年に 79 年ぶりに山口県の養鶏 場で発生して以来、断続的に発生しています。鳥インフルエンザウイルスはもともと野生 の水鳥類を宿主とする病原性の低いウイルスですが、近年は野鳥の HPAI 感染例が増加して おり、ツル類や猛禽類など希少鳥類の死亡例もみられます。養鶏業を守るのはもちろんの こと、希少鳥類の保全のためにも、HPAI ウイルスが野外に存在することを前提とした対応 が求められます。本講習会では、野鳥と鳥インフルエンザに関わる最近の情勢や HPAI 対策 の取り組み、野鳥観察や捕獲の際にウイルスの運び屋にならないために気を付けたい点な ど、野鳥と接触する機会の多い鳥学会員として知っておきたいことを解説します。事前に 参加申込みが必要です。詳細や申込み方法は、大会ウェブサイトでお知らせします。

定員:60 名程度

問合せ先:吉田保志子 hyoshida@affrc.go.jp(鳥学会企画委員会)